kazumascience idea note

身近な科学の雑記から、日記など

【科学雑記】 人の体内なのに羊

 哺乳類であるは女性の胎内で様々な過程を経て誕生します。

f:id:o_kazumasa:20170714132851j:plain

 子宮の中で徐々に成長していく中で、胎児を守るために『羊水』という液体が満たされていきます。

 ところで、なぜ人の体内であるのに対して『羊』という言葉を用いているのでしょうか?

f:id:o_kazumasa:20170714140456p:plain

 諸説ありますがその一部を紹介します!

羊水・羊膜の名前になぜ「羊」の字が使われるのでしょうか?羊膜を意味するamnionの語源はギリシャ語のamnos(=羊)であり、生まれたばかりの膜に包まれている羊(amnos)から羊膜もamnion(amnios)と呼んだという説と、生贄の羊の血を受けるお皿(amnios)から来ているという説があるようです。

院内広報誌:周産期ニュース:第36号

 なるほど、羊が哺乳類と分類されていない時代だと考えると、人がなぜだか羊と同じ器官があると感じてもおかしくないわけですね。羊が身近にいたことも何となく感じられます。

 

 哺乳類は、カモノハシなどの例外を除くと胎生といって、メス親が体内で卵を孵化させ、子は親から栄養を供給されて成長した後に体外に出るよな繁殖形態をとります。

 そのため、誕生のためには必ず羊膜と羊水という要素が必要になってきますので、椅子取りゲームではないですが、語源の取得は羊が得たという形でしょうか。

 

f:id:o_kazumasa:20170715103450p:plain

 

 ちなみに羊水には様々な働きがありますので、見ていきましょう!

①クッションの役割をする

 主な働きは胎児を衝撃から守るクッションの役割をしていることです。

②胎児の保湿、抗菌

 なんやかんやで水なので保湿効果はもちろんあります。更に、細菌を防ぐ成分も含まれているためかなり安全な状態でもあるわけです。

③運動する空間の提供

 羊水が子宮に追加されることで子宮内の体積が大きくなります。そのために運動できる空間ができるというわけです。

 

 勘違いしてはいけないのが羊水内は呼吸ができないから危険と思わないでください。

胎児の心臓は活動していますが、肺は出産時に産声を上げて活動するため子宮内ではそもそも呼吸をしていません。

 

 今回は人なのに羊の謎についてでした!

 

 いつもご愛読ありがとうございます!

 それでは!

【科学雑記】 植物が成長するためには何が必要?

 植物がすくすく育つためにはどのような条件が必要でしょう?

以前では種子の発芽、植物の個体の誕生について触れました。

o-kazumasa.hatenablog.com 

今回は植物がどのような条件を付すことによって成長するのか、見ていきましょう!

f:id:o_kazumasa:20170608011210j:plain

 成長といって必要不可欠なものって何でしょう?

 みなさんも「寝る子は育つ」であるとか「よく食べろ」だなんて小さいころから言われて育ってきたと思いますが、基本的な要素はこういったものです。

 

まずは、栄養を取ることが大事です。

植物も食事をしているというニュアンスが正しいでしょうか。

そんな植物の食事を見ていくことが第一歩です。

 

大きく分けて二種類あります。

光合成による養分(でんぷん)の合成

関連記事

o-kazumasa.hatenablog.com

②養分(窒素、リン酸、カリウム)の吸収

の二点が基本です。

 

①を行うために必要なのは「日光」ですね!

とはいっても、人吸収しやすい特定の波長の人工の光を当てても行うことができます。

 

②を行うために必要なのは「肥料」ですね!

 植物には水を通す管がありますので、これを通じて植物の体全身にくまなく輸送できます。自分で作れない養分は取り入れる…食事の基本ですね!

 

 植物の成長は発芽と同様に簡単で、「光」と「肥料」さえあればすくすく成長できるというわけですね!

 もし観葉植物や菜園をするならば参考になればうれしいです。

 

いつもご愛読ありがとうございます!

それでは!

 

 

 

 

【科学雑記】 発芽の基本はこの三つ!

 先日の画像にも挙げましたが、梅雨の季節と言えばアジサイが見頃ですね。

小さな花弁と大きな葉っぱなのが対比的で風情があります。

f:id:o_kazumasa:20170604230753j:plain

 

 植物の始まりは「種」から育ちます。例え、大きな木であっても最初は小さな種からスタートです。

f:id:o_kazumasa:20170606004959j:plain

 

 種から芽が出ることを「発芽」といいます。

個人的な解釈として、植物の産声とでもいいましょうか。芽が地面から出てきたということは生命の始まりを感じます。

 時にはイネなどといった植物を食用として、ハーブといった匂いが特徴的な植物を栽培することで虫よけを狙うなど、観賞用だけではなく、私たちの生活では欠かせないものとなっています。

f:id:o_kazumasa:20170606010856j:plain

そんな、発芽ですが、必要最低限の三つのことを守れば良いです。

家庭菜園など始めたい方には必見です。

 

一つ目に「空気」にある程度触れていること。

植物も呼吸をします。そのためには空気が必要です。

二つ目に「水」が必要であること。

種子内に含まれる養分を使うために必要です。

三つ目に「適度な温度」の環境が必要であることです。

呼吸や養分の分解をするために必要です。

 

意外と簡単ですね!適度な温度については極度に寒暖でなければ問題ないです。

あとは極度の水のやりすぎや種を植える時、土で覆い隠しすぎてしまわなければ問題ありません。

 

土や肥料、日光など様々な要素が出てくると思いますが、これは成長に関する要素なので発芽の時点では無縁です。

 

これで簡単な植物は植えることが可能なので、園芸にチャレンジしたい人は参考にしてみてください!

f:id:o_kazumasa:20170606010804j:plain

いつもご愛読ありがとうございます!

それでは!

【科学雑記】 算数と数学を区別する線引きとは 

 算数において文章問題というのは読むにも解くにも大変なイメージがあります。

 

f:id:o_kazumasa:20170602014249p:plain

 世間では度々、算数の文章問題の計算の順序に異議を唱える場面も見ることができます。

 

例えば、

「6人の小学生に1人4個ずつみかんを与えたい。みかんはいくつあればよいでしょうか?」

という問題があるならば、

4×6=24で正解ですが、6×4=24は不正解になってしまうケースで新聞に掲載されたことがあります。

(1972年朝日新聞より)

f:id:o_kazumasa:20170602014431j:plain

 

 数学的に言えば、ab=baのいわゆる交換法則によって答えは等しいと主張することができます。

 算数においては広く生活に役立つような考え方を身に着けることに注目しているような気がします。

 

 なので、ミカン4個を6人に与えるのだからミカンの数は4×6。

反対に6人にミカン4個を与えるのだから6×4だとニュアンスが異なります。

 

 文章題における掛け算は「一つあたりの量」×「いくつ分」といった順序が多く見ることができるため、一種の型のようにも見えます。

 これを大切に思っている教育者がいるからこそ、このような報道も取り上げられたのではないかと思います。(賛否両論あると思うのでこの辺で)

f:id:o_kazumasa:20170602014626p:plain

 

 こういった型にはめた計算から得られる結果を求めるのが算数で、結果は同じでも結果へのプロセスを重視しているのが数学というような印象があります。

 

 みなさんの算数と数学の線引きはどういったところにあるでしょうか?

 気になるところです。

 

 いつもご愛読ありがとうございます!

 それでは!

 

参考文献

大人のための中学数学勉強法

大人のための中学数学勉強法