kazumascience idea note

身近な科学の雑記から、日記など

9年ぶりぐらいに自動車学校に通ってきた 前編

大学2年の時に通っていた自動車学校からかれこれ、9年(!?)ぶりにバイクに乗ってみたいなぁ~という軽い気持ちで入校してみました。

                https://1.bp.blogspot.com/-0TEqZxyRkCM/XS_7yvtbe3I/AAAAAAABTqE/9mpjn2SbTooaC3uqN9kS9UTcPK4X9aXRgCLcBGAs/s800/bike_helmet_man.png

バイク事故は怖いけれど、やりたいことはやってみようと思い行動に出たわけです。

といいつつも、高速道路まで乗るかと言われたら恐怖心が勝ってしまったためビビッて小型の限定ですがマニュアルで頑張っていきます!

 

さて、ほぼ飛び入りに近い状態で自動車学校に入校し、約3時間を過ごしました。

 

1時間分は簡単なオリエンテーション

特記することはないですが、技能教習はインターネットでできる時代になっているというのを体感しました。(そう言えば9年前って自分は今でいうガラケーだったような…時代の流れを感じます。)

https://3.bp.blogspot.com/-5MdhzkSVta4/WxdumCzkkmI/AAAAAAABMfk/IBjNjN1Mv3ITuCvOPI0I86kps16plYhcQCLcBGAs/s800/presentation_slide_simple.png

もう1時間は適性検査。

指定されたマークと同じものがあればその番号に印をつける。

指定されたマークに番号がついていて、マークを見て数字を書く。

インクの染みみたいな模様から何を思い浮かべたかを3択で答える。

行に分かれており、奇数行は左と右で右側が大きい数字ならば丸を付ける。偶数行は右側が小さい数字ならば丸を付ける。

マークを見て気に入ったものと気に入らないものをそれぞれ番号で答える。

枠の中にひたすら「A」を書き続ける。

質問文を試験官が読み、当てはまる、当てはまらない、どちらともいえないのいずれかに印を入れる。

覚えている限りは上記が検査内容です。普通免許のときと同じ感じだと思いますので、気楽に受けていました。

https://3.bp.blogspot.com/-V7cCnffuxU4/VA7mMxWvgQI/AAAAAAAAmMU/P44jXqj67Fs/s800/benkyoukai_kunrenkou.png

さらに1時間はいよいよ二輪の技能実習です。

初めに諸注意(集合時間、持ち物、待機場所)とプロテクターとゼッケンの着用に方法を教わりました。

家では原付は乗れども二輪に乗る人がいないので、プロテクターなんてものは見たことなかったのですが、胸部と背部、肘、膝、踵を守るものを装着しました。(踵はブーツ系の履物をしていれば免除)

普通車の車道コースの内側を移動して、バイクとご対面。

「さすがに一発目から乗らへんやろ~」、「倒れたバイクを起き上がらせたりするんかな?」とか思っていたのですが、まずはバイクの点検を必ずしましょうとのことでした。

 

まずはセンタースタンドを立てる。原付乗っている人ならわかると思いますが、てこの原理を使って立てるやつです。

f:id:o_kazumasa:20200329004158p:plain

画像はホンダ BENLY CD125 ベンリィCD125より

何せ相手は小型と言え125ccのバイク。ガソリン満タン状態では重たいやつでも大体160kgはあるので、多少のコツがいります。

まずは車体が左に傾けているはずなので、両手でハンドルを持ち、右手のブレーキ(指は4本で握る)をかけながら車体をまっすぐにする。(重心を真ん中に寄せるような感じ?)

右足(たぶん利き足なのだろう)でセンタースタンドを出し、スタンドは両足を地面につけれるようにする。(バランスの問題)そこから全体重をかけ、右手もバイク後方に移動させ持ち上げるとすんなり立てられます。

というか、原付と同じだろうと思って足だけでやってたんですけどね。

 

次にタイヤ

前輪は動かせられないので、溝を見える範囲でチェック。後輪は上の画像をよく見るとわかるのですが、浮いています。なので、1回転させて溝をチェックします。

溝は深ければ良いのですが、使用する度に段々すり減っていくので、溝が浅くなっていきます。なのでスリップサインという三角形のあるマークのところを見ると判別しやすいです。普段見えないものが見えたら危険というサインですね。

f:id:o_kazumasa:20200329010706p:plain

Dunlopさんより

正直スリップサインの見分け方忘れてたとか言えなかった…

その他にも釘が刺さってないかなど。チェックしましょう。

 

次にチェーン

指でチェーンを上下に引っ張って3cm程度の緩みがあればいいそうな。教習車はもちろんメンテしているので、危ない状態がよくわかりませんが、使用していると緩みまくるみたいです。教習中は適度な張りを感じたらそれでよし!

 

次にブレーキとクラッチのレバーの確認。

単にスムーズに動くかの確認。

 

次に灯火類(ウィンカー、ポジションランプ、テールランプ、ブレーキランプ)

いよいよキーを回転させて灯火類を点検します。前のランプと後ろのランプを確認!次にウィンカーを右と左を確認。確認できたらそのまま押すとウィンカーが消えます(これはプチ驚き)そして右足にあるブレーキを踏んで、ブレーキランプがつくかを確認!

 

最後に締め付け具合の確認(ミラー緩み、ハンドル曲り、バンパー緩み、ステップ割れなど)

これはかなり簡単にやっていました。ミラーしかやってないような?

 

後半に続く。

 

 

 

 

落ち着いてきたので当面の目標を考える。

激動の引っ越しからかれこれ一週間が経とうとしています。

 

o-kazumasa.hatenablog.com

1人で高速道路に乗って高知から名古屋に帰る途中では冷や冷やした場面がいくつもあり(特に兵庫~大阪間)精神的にダメージを負い、実家に戻るや否や自分の居場所作りからスタートで、不必要なものの整理、収納を連日に行い肉体的な疲労も積み重なっています。

 

ようやく落ち着き、二輪の免許を取りに自動車学校に入校してる現在です。

始めは普通二輪の免許を取ろうと思っていたのですが、高速道路に乗るかと言われたらやっぱり車だろうと考え、通勤や遊びの移動程度の目的での取得だったので誰かに何か言われそうではありますが、「小型二輪MT」でやることにしました。

 

よくよく考えると、この時期って卒業と入学があり、講習の予約を取るのは難しいので最短でも5月の大型連休明け位になりそうでなんだかもやもやしています。

転職の手続きも4月の中旬ごろにスタートになるので時間が何だかもったいない…

新型ウィルスの影響で図書館などの施設も、開放に向かいつつあったけれど更なる閉館延長で困る困る。最悪、愛知県でのウィルス蔓延が著しくなると自動車学校も影響でそうで怖いです。(転職活動はゆるーくやっていくつもりですが…)

 

本来は図書館などで適度に本を読んだりして知識を蓄えようと考えてはいたのですが、今のこの状況では知識詰め込むのも難しいというミステリー。

とりあえず、Amazon prime会員なのでprime readeingの無料で見れるものを可能な限り一冊読もうかなと考えてます。

後、大学の時にやってた化学系の専門書を熟読するとか、資格試験の勉強するとかもあります。あ、勉強しかないなこれ。

 

当面このブログは日記系と読んだ本の紹介兼実用例になると思います。

社会の動きが見えづらいですが、柔軟に手が打てれるようにしたいですね。

では、また。

f:id:o_kazumasa:20200327170721j:plain

 

流行りのワニではないけれど…

うっうっ…ワニよ、おぉ、ワニよ…終わってしまいましたね。

            「100日後に死ぬワニ」の画像検索結果

タイトル通り、運命からは逃れられませんでした。それ以上の感想は表現できませんが、哲学的な作品だと深く感じました。

 

引っ越す前の夜に近くの銭湯に行って湯船につかってぼぅっと考えていました。

「そう言えば今何歳だっけ」「あぁ、そんな年か」なんてね。

年の話は20前後は浮かれてましたが、後は積まれていく数字という認識で思い返すと何だか嫌な気分になってしまいます。

 

生きてきた年齢はいくつもの枝分かれがある道の上で進み続けてきた道のようなものなのかもしれませんね。

 

あと、こんなことも考えてました。

自分の年齢を半分にして(割り切れなければ切り捨て)、もしその年齢の自分の目の前に今の自分が突然現れて、今どんな仕事や行動をしているかを告げてみる。そしたらどんな反応が返ってくるだろうか…(その当時の自分のバックグラウンドを考えながら。)

きっと驚くでしょうね。「お前そんな柄じゃないじゃん」「今より痩せてるの!マジで!」「運動が好きになるとか信じられん。」「夢叶えてみたんだな」なーんて、口生意気な半分の年の自分に言われる。「そうさ、色々あったんだから」と説明しようとすると、なんだか積み上げてきた自分は無駄じゃなかったと思えるかもしれない。

今度は自分の年の2倍の自分に何か言われるように道を進み続けたいって思った。

(のぼせ気味でした)

 

3年間とちょっとを多くはない人数ですが小中学生に堅苦しい理数科目を世界のナベアツ(分かる人は世代がドンピシャ!今は落語してます。)みたいにアホになって教えてたりもしました。後、3年間くらい大学では威厳もなくフランクに後輩の指導もしました。

苦い思い出もあれば笑った思い出もたくさんありますが、全部無駄じゃなかったし、後悔もないです。今思うとやりたいようにやれた環境だったのかもしれません。(それとも、最大限生かせた環境?)

ちょっと自分の経歴を語ると、高校は第二希望、大学も第二希望(実は)の第二第二の人生できてますが、ワニさんも100日先の未来が見えないのと同じように、自分も100日先なんてわからないのだから進み続けるしかないし進み続けてきた。そうでしょう。

 

高知という地を(一旦?)離れますが、約10年ありがとうございました。

大学のことを通過儀礼ではないですが、とりあえず通るものと思っていた、年が半分の自分に説教していやりたいです。

野球の球児などのスポーツ選手ではないですが、高知という土地に礼!

 

では、また。

f:id:o_kazumasa:20200322004342j:plain

 

 

 

おまけ:自分がよくプレイするゲームにあるエモい感じの曲です。(2分程度)

    感情に対して焦点が当たってる曲です。

www.youtube.com

退職から引っ越しまでの行動を振り返ってみる。

3月が始まってからこの3週間で引っ越しによる何かしらの行動を振り返ってみます。

               https://2.bp.blogspot.com/-JGH_cz6Tzwo/WKbKxiP9ByI/AAAAAAABB3I/a5XZSzqRWCgWMBLRDg6xTUY2zspSHrMZACLcB/s800/pose_hashiru_guruguru_man.png

ざっと思いつく感じで以下の通りです。

 

・仲介業者への退去申請

離職票の記入をしに職場へ

・携帯会社の大幅な変更

・引っ越し会社に見積もり依頼

・コレクターしていた雑貨や見ないブルーレイ、着ない衣類アクセサリーバッグ、不必要な本の売却

・粗大ごみ最終処分場への持ち込み(計3回)

・ごみの排出、特に金属ごみと雑ごみ

・洗濯機と冷蔵庫の引き取り(家電リサイクル法による)

・各種解約手続きと役所手続き

 

上から順に、反省も交えながら振り返っていきます。

・仲介業者への退去申請

仲介業者に直接出向いて退去の旨を伝えました。名前とマンション名を伝えたら、スムーズに案内してくれましたが、反省としては出ていく月に「出ていきます。」と伝えない事。違約金が発生し、家賃分の金額を請求されました。(当たり前か…)

後は、こういう契約系はハンコは持っていった方がいいですね。

また、敷金がないので修繕費に怯えています。

 

離職票の記入をしに職場へ

会社から借りていた制服や社員証、出勤簿等を提出しに出向いたのにプラスして、離職票の説明を受けました。会社にお礼を伝え最後の挨拶をしました。

 

・携帯会社の大幅な変更

auから格安スマホwimaxをUQで契約。携帯代を現在の半分の値段にすることに成功。約11000円→約5500円に。

格安スマホの記事は以前書いています。

o-kazumasa.hatenablog.com

・引っ越し会社に見積もり依頼

これも以前に記事として書いています。

o-kazumasa.hatenablog.com↑の記事では繁忙期だから妥協していますが、見積もりの段階で12月辺りに呼んでおけばかなり経費削減できた可能性があります。

お友達からかなりの指摘を受けました。退職の旨は10月末に告げていたので、早めの行動がやはり大事でしたね。

 

・コレクターしていた雑貨や見ないブルーレイ、着ない衣類アクセサリーバッグ、不必要な本の売却

基本的に本とブルーレイはBOOKOFFさん、衣類等は2nd streetさん、雑貨は高知市スーパーフリークスさんで売りさばきました。お友達と協力して仕分けして売りに行っていたので早く済みましたが、一人だと二週かかってた説はありますし、また来たの?みたいな感じになるのでうまくやれたと思います。

本はBOOKOFFで正解だと思いますが、アニメのブルーレイは全巻あってもかなり安値で取引されたので、お勧めしないかなと…

衣類は売れたら嬉しいなというものを売ったので何だか儲けた感じです。ちょうどキャンペーンをやっていたので上乗せで金額が増えていました。

雑貨に関しては愛着がある分、不満はありますが、こちらも引き取ってくれるし…という妥協の気持ちが強かったですね。

 

・粗大ごみ最終処分場への持ち込み(計3回)

・ごみの排出、特に金属ごみと雑ごみ

・洗濯機と冷蔵庫の引き取り(家電リサイクル法による)

ごみ系なのでまとめますと、いらんもんは買うな!(自分に対して)以上です。いい勉強になりました。

洗濯機と冷蔵庫の方は引っ越し先が実家なのもあって、捨てるしか選択肢はなかったのですが、家電リサイクル法というのがあって、粗大で出せず、お金を払って業者なり指定の場所へ移動するなりが必要でした。高知市の第一電機さんに頼んで13000円ぐらいで済みました。

 

・各種解約手続きと役所手続き

最後になりますが、解約に関しては電気、ガス、電話回線、インターネットプロバイダーの会社に電話しておしまい。いつ使えなくするかはしっかり時間も指定されたのが意外でした。前回の引っ越しも電話しましたが、そんなこと聞かれたっけと

役所の手続きは転出届のみ。印鑑は持っていこうね。

 

他にも飲み会やらお食事誘っていただいてありがとうございます。

今月でギリ10年目突入の高知県生活で最近忘れっぽいのもいけないのですが色々な人に出会えて非常に楽しかったです。

地方に教育という形で還元しましたが、今度は実家の方で生活を支える柱の欠片にはなろうかなと思います。といいつつ、また数年したら戻ってきたりして…

 

ほぼほぼ雑記の体験談ですが、何かの形でお役に立てたらと思います。

では、また。

f:id:o_kazumasa:20200321233548j:plain